かつて白人に反旗を翻した黒人が白人の老婆をも襲ったという

女を強姦する男はセックスしたいからじゃない。屈辱させたいから

占領軍の兵士たちは占領地の若い娘だけでなく、雛くちゃの老婆まで強姦する(コンゴが独立したとき、逃げ遅れた白人女は老婆も強姦されたとの記録を読んだことがあるし、先年、分裂したユーゴスラヴィアでも同じような強姦が行われたと聞く)。すなわち、魅力的な若い娘を犯して快楽を貧ろうということですらなく、ただただ女を侮辱したいだけなのである。侮辱できさえすれば、相手は老婆でもいいのである。男は、愛ではなく、憎悪や軽蔑を動機としても性交できるということである。

恋愛関係というか、恋愛関係とまでゆかなくてもある程度親しい関係にあるにもかかわらず(あるいは、そこにつけ込んで)、女がいやがって抵抗しているのに力ずくで無理やり女を犯してしまう男がいる(実際に、強姦は見知らぬ男より、顔見知りの男にやられるほうが圧倒的に多いらしい。アメリカの1992年の報告によれば、被害者の78%は顔見知りの男に強姦されているとのことである)。

こういう男は「君を愛しているから、どうしても君が欲しかったんだ」などと言い訳したりするが、老婆を強姦する兵士と同じく、基本的には相手の女を侮辱したかったのであって、いずれにせよ、彼女を軽く見、彼女の性器を自分が勝手に使っていい道具と見なしていたことは間違いない。そしてその上、彼女についてそのような侮辱的な見方をしているということを彼女に知らせ、「おまえはおれの言う通りにするしかないんだ」ということを彼女にたたき込み、今後の彼女に対する支配を不動のものとしようとしたのである。それなのに、「愛」なんか持ち出して、そのような言い訳をするのは、女をよほど馬鹿にしているからである。
なんか最近モヤモヤすることが多くてスカッとしたいなあ。…と何故かネットで新宿エリアの風俗の情報を収集する俺。でも初心者だしなんか怖い!誰か一緒に行ってくれる人居ないかなあ…。小心者だなあ…。
温泉地などに行くと大宮にあるようなソープランドがある所が多いようです。まさに身も心もすっきりしたい人にはお薦めです。サービスの内容はお店によって異なりますが、きっと満足できるでしょう。


そして、女のその屈辱感の匂いを嗅ぎつけて、ある種の男たちは強姦や買春をやめないのではなかろうか。たとえば、黒人に対する人種的偏見が強い社会において、黒人が白人に侮辱的言辞を吐かれたとき、黒人が、「あいつはあんなことを言ってあたかも白人が黒人より優れているかのように錯覚している馬鹿な奴だ。

卑劣で嘲笑されるべきは、むしろ、あいつだ」と考えて、その侮辱的言辞を気にすまいとしても、やはり気になるのではなかろうか。黒人が白人の侮辱が気になり、ひどい心の傷を受けるのは、それが黒人自身のもつ白人への劣等感と共鳴するためであるから、黒人自身がこの劣等感から完全に脱却すれば、白人の侮辱は気にならなくなるであろうが、黒人に対する人種的偏見が強い社会では黒人もその影響を免れるのはむずかしく、したがって白人への劣等感をもたないでいることがむずかしいので、なかなかそうはゆかないであろう。

新着情報
2013/09/17 オススメ記事を更新しました。
2013/09/13 新着記事を更新しました。
2013/09/12 強姦する男たちを更新しました。
2013/09/09 一般的なごまかしを更新しました。
2013/09/07 提供する義務を更新しました。
2013/09/05 本能とやらの衝動を更新しました。
2013/09/04 女を強姦する男はセックスしたいからじゃない。屈辱させたいからを更新しました。
2013/09/01 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
埼玉デリヘルスタイル夜遊び隊e-Dream
埼玉県に特化したデリヘル店舗を掲載!待ち合わせしたい駅など絞込み『夜遊び隊』関東の風俗情報、割チケや動画コンテンツ地方別に全国の風俗店の詳細情報を集めました。